プレスリリース

相互運用可能なORが現実に/SDCインターフェイスのワイヤレスフットコントローラ

1つのコントローラでOR(手術室)のいくつもの医療機器を動かす:これが、OR.NETアソシエーションが求めたゴールであり、そのマイルストーンのひとつに到達しました。DMEA 2019(会期2019年4月8日~11日、ドイツ・ベルリン)において、OR.NETは、Service-oriented Device Connectivity…

フラウンホーファー研究所IFAMが過酷環境分野の耐腐食性開閉器のテストを北海で行いました。

シュトイテの過酷環境分野の開閉器の多くが高湿度や湿った場所、また海水のある環境でさえも使用に適しています。DIN EN ISO 9227に準拠した塩水噴霧による腐食テストなどでは、それらの製品の腐食に対する品質は、他社製品にも匹敵するものです。 これらの開閉器は実際には、どのような性能を持っているのでしょうか。たとえば、断続的に当たる波や水面下で堆積する汚れにどのような影響を受けるのでしょうか。…

にシュトイテが出展致します/過酷環境での長寿命:新ベルトアライメント(蛇行検知)スイッチ

SPS にてシュトイテのビジネスユニット、過酷環境分野は新しいベルトアライメント(蛇行検知)スイッチ、ZS 92 SRを発表します。本商品は、新商品である過酷環境非常停止ロープスイッチZS 92 Sに基づいて開発されました。 この屈強な開閉装置は、コンベアベルトの並びを監視します。荷物が均等に乗せられていないなどでベルトが中心からずれた時に、ステンレス鋼の大きなローラーレバーが検知し、そしてコン…

において、限りなく強健で、耐食性の高い海洋用途の開閉器をご紹介致します。

過酷で複雑な用途に使用可能な開閉器の製造業者であるシュトイテは、沖合技術、船舶、港湾に特化した独自の大変屈強な開閉器シリーズを開発しました。このシリーズには、耐塩水性や防爆の製品もございます。 SMMにてシュトイテは、以下のような製品を提案致します。たとえば、防爆型ポジションスイッチのシリーズEx97とEx99は、気温マイナス60℃までの使用に適しています。これらのスイッチはまた、ガス防爆ゾーン…

バッテリー電源によるワイヤレスフットコントローラ

シュトイテのメディテク分野は、医療機器で汎用できるワイヤレスフットコントローラの新シリーズをMedicaで発表します。このシリーズのユーザーインターフェイスはエネルギー効率が極めて高いため、市販の乾電池による電力供給が可能です。同時に安全性と信頼性がたいへん高くなります。 このフットコントローラは、ペダルを1個から4個まで備えられ、新しいワイヤレスフットコントローラの標準品としてシュトイテのユー…

シュトイテ「過酷環境」のSPS IPC Drivesへの出展/氷点下60℃までの気温と爆発の可能性がある環境での使用

シュトイテの「過酷環境」事業は、定番のスイッチやセンサーが直ぐに使えなくなってしまう様な環境、または全く使えない様な環境での使用を想定したスイッチを開発し、製造してきました。極端な低気温や爆発の可能性のある環境も含みます。 それぞれが特別な要求を課す様な2つの過酷エリアのコンビネーションのために、シュトイテはSPS IPC…

手術室用モジュール式フットスイッチ

シュトイテはメディカで、モジュールの様式により他の製品と異にする新しいモデルのフットスイッチを紹介します。MFS-MED GP712のハウジングは、ペダルや押ボタン、シーソースイッチやジョイパッドなどの様々な操作機器とマッチします。操作機器の数も豊富です。 新しいマルチファンクションのフットスイッチの開発に際しては、人間工学性と市場性を優先しました。操作システムは、平らなハウジングで、新しく開発…

過酷環境での使用に向けた非接触稼働原理

氷点下での使用には、多くのユーザーが非接触センサーを好みます。非接触センサーであれば、氷結により、ポジションスイッチなどの電気機械的な機能が阻害される恐れが少ないからです。 特に高い特別性を持った使用環境の為に、シュトイテの「過酷環境」は、新しいEx磁気センサーシリーズを開発しました。この円柱形の直径M20のセンサーは、-60℃までの耐冷を備え、ATEXとIECExに則り、ガスEXゾーン1と2で…

Exゾーン1と21

シュトイテ過酷環境の部門が展示会SPSドライブ(11月24日~26日、ニュルンベルク)で紹介するEx HS…