プレスリリース

多機能送信機でセンサをワイヤレスネットワーク化

ワイヤレスネットワークへの統合はスイッチとセンサの新しいアプリケーションへの扉を開いてくれます。たとえば、eかんばんシステムを使った社内マテリアルフローの最適化などです。前提として、すべてのコンポーネントが無線送信に適していなければなりませんが、無線モジュールの統合が必ずしも必要というわけではありません。外部に取り付ける多機能送信機が同じ役割を果たすことができます。I/Oユニットを含む当社の新製品…

ワイヤレススイッチを2成分射出成形に

ワイヤレス。配線なし:シュトイテのワイヤレススイッチとセンサはこの原理により、安全で信頼性の高いケーブルフリーの信号送信を、幅広いアプリケーションにおいて保証します。このソリューションを取り入れる特殊な分野として、プラスチック射出成形、特に機械にターンテーブルが使われている複数の成分を射出する工程があります。まず、成形されるパーツの本体部分が成形され、90度、または180度回すことで2回目の射出が…

MDRおよびFDA向けドキュメンテーション付きの医療機器用ユーザーインターフェース

シュトイテのメディテク分野は、医療機器メーカー向けに新しいサービスを提供します。シュトイテのお客様が手に入れられるものは、標準品、カスタマイズ品、ケーブル付き製品、またはワイヤレス技術製品など、医療機器に特化して開発された高品質なユーザーインターフェースだけではありません。関連するすべての医療規制に対応するコントロールユニットの認証書、評価、ドキュメンテーションも要求できます。メディテク部門部長ギ…

AGVフリートのためのワイヤレスネットワークに関する白書

無人搬送車(AGV)システムのメーカー及びユーザーは、ピックアップポイントとの通信を確実に行うため、あるいは個々のAGVを省エネのディープ・スリープモードから作動モードへウェイクアップ信号で起動させるために、どのワイヤレスシステムを選択するかという決断を迫られます。 シュトイテが発行した白書は、この特殊な分野であるワイヤレス技術の選定基準を紹介しています。また、シュトイテが開発したsWave.N…

MDR認証”パッケージソリューション”/MDR準拠の医療機器へのサポート

クラス1製品に対する欧州医療機器規則(MDR 2017-745)の移行期間は、2021年5月25日に終了します。医療機器のメーカーにとっては、技術ドキュメンテーション、市場分析、およびリスク管理に関して新しい要件が適用されることを意味します。これらの要件は、ユーザーインターフェースにも適用されます。シュトイテのメディテク分野はこれに備え、顧客(多数の医療分野のデバイスおよび機器の国際的メーカー)が…

sWave®シリーズに、ポジションスイッチ及びセンサのワイヤレス接続のための、小型ワイヤレス多機能送信ユニットが登場

シュトイテのビジネス分野ワイヤレスは、sWave® ワイヤレス技術に、ワイヤレス開閉器とワイヤレスセンサを継続的に加えてきました。 sWave®シリーズに新たに加わったのは、RF 10 STワイヤレス多機能送信ユニットです。RF 10 STは外部の無電位接点を介してsWave®レシーバーユニットへの接続を確立します。 RF 10 STは、既存の多機能送信ユニットRF 96…

AGV(無人搬送車)の省エネ”ウェイクアップ”機能/AGVを管理する新しい無線受信機

シュトイテは、AGVを利用するアプリケーションを視野に入れた、sWave.NET無線ネットワークのための新しい無線アクチュエータ、RF Rx SW868-NET-4S-A 48Vを発表します。 sWave.NET®のシステムにより、エネルギー効率の高いバッテリー管理が実現されます。休憩中や最大3週間の休止中に、AGVシステム全体または個々の車両を電力を必要としない「スリープモード」へ無線で切り替…

sWave.NET®につながるロープスイッチ

この原理は、部分的に自動化された生産および組立ラインで確立されています:ラインのどこかで作業員がコンベヤーベルトを停止したい、または停止する必要がある場合、ラインを停止させるためにロープスイッチを作動させる。このようなスイッチは、組み立て手順を確認、または承認といった信号機能にも使用されます。これらは多くの場合、ロープが固定されている、安全機能のないロープスイッチです。離れた上位のレシーバーユニッ…

過酷な周囲環境向けマン・マシンインターフェース

Ex BF 80の新シリーズの発売に伴い、シュトイテのビジネス分野・過酷環境では、マン・マシンインターフェースのユーザーのマスマーケットをターゲットにはしていません。新しい装置と従来の製品には、重要な違いがあります。新製品は、爆発性環境に特化して開発されており、周囲温度は-60°C から+65°Cまで対応可能です。 新シリーズは、3つのエンクロージャサイズを取り揃え、1つ~3つまでの機能を組み込…

ワイヤレス・セーフティフットスイッチとコマンド装置

プレスブレーキや成形機、また曲げ装置などでは、フットスイッチがマンマシンインターフェースのカギとなります。作動頻度が極めて高く(スイッチサイクル年間最大200万回は、3シフト制の24時間操業では現実的な値です。)、オペレータがプレスストロークを出すだけでなく、停止させるのにも使うため、安全機能が重要視されます。 GF/GFSシリーズの一部として、シュトイテではこのタスクに特化した三段階の安全フッ…

シュトイテ防爆シリーズの新製品

シュトイテの新製品ZS 92 S / ZS 92 SR非常停止ロープスイッチおよびベルトアライメント(蛇行検知)スイッチの”過酷環境”バージョンは、既に様々な場面で使用されています。展示会SPS…

新しいワイヤレス認証を受けた最新の製品シリーズ

「防爆型ワイヤレス」は、シュトイテのビジネス分野・過酷環境が開発した技術であり、爆発性環境での開閉装置のアッセンブリと作動を簡単にするものです。開閉装置は、コントロールキャビネットにある受信機に防爆対応の配線で繋ぐ必要性はもはやなく、そのようなアプリケーションに特化して作られた低エネルギーのワイヤレスプロトコルを通じて繋がれます。これは、当然ながら、ATEX/IECEx指令の認証を受けています。 …